カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

自然栽培

自然栽培

自然栽培

自然栽培とは、農薬も肥料も使わない栽培法のことで、以前映画「奇跡のリンゴ」の主人公木村秋則さんがまさしくこの農法の先駆者的な存在とは、ご存じな方も多いのではないでしょうか?
自然栽培の特徴、といえば、細胞が緻密で腐らない、枯れる食物。土壌にあるわずかな水分と養分を根を縦横に張り巡らし、吸い取ります。ですから、市場に出回っている米、芋類、野菜類に比べ、生育には1.5倍~2倍の時間がかかります。もともとそのような育成なので、大変な生命力を、持ちます。
結果、出来た農作物を食べることで、自然と免疫力が高まってゆくのでは、とも思っています。

肥料を使わない利点

自然栽培では、農薬を使わないだけでなく、肥料も使いません。肥料といえば、小学1年生の春、朝顔の種植えをしたときを思い出してください(今は1年生でやっているかわかりませんが)朝顔の種、土、のほかに「肥料」って使いましたよね。もちろん農家さんでも、自主農園さんでも同じく、栄養分を補給する、為に必ず、使っていたと思います。
しかし、実は、この肥料の中に、デメリットがあったんです。
肥料には、窒素、リン酸、カリウム、そして、マグネシウム、カルシウムなどが入っています。しかし、そのうち窒素などを食べに虫がやってくるというのです。農薬を使う目的もこの虫の駆除ですから、もともと寄ってくる餌が入っている肥料を使うことが、そもそも農薬を使う原因ということのようです。

自然栽培の栽培方法

自然栽培では、土壌づくりを大切にします。そもそも肥料をあえて施さないのですが、本来土壌には、作物に必要な微生物や養分が整うといわれています。つまり、人参なら人参が育つための土壌があって、すくすくと育ってゆくそうです。土壌が持つ力で、作物が育ってゆくという考え方のようです。
考えてみてください、お庭の柿の木や森林にある木々に、肥料や農薬を使っているでしょうか?
私たちがいつでも同じ規格のものを、1年中、手に入れることができるために、農薬が使われや肥料が施され、そのほか遺伝子組み換えだったり、が開発されてきています。その時の必要など大人の事情もあり、それを批判するつもりはありません。
ただ、その結果日本の土壌は、農薬と肥料の有害物質とで、体験危機的な状況になっているとも言われています。

それもあり、土壌を農薬などを使わなかった状態に戻す、ところまではいかなくても、少しづつ本来の自然の形にこだわったのが、自然栽培なんです。

自然栽培ってどうしていいの?

農薬も肥料も使わずに育った自然栽培は、いわば酷使されて育ってくるため、大変な生命力を持つといわれています。私もその効果を知りたくて、手に入るだけの自然栽培の農作物に変えたところ、しつこかった片頭痛や生理痛、婦人科様の症状がなくなりました。
また、それを食べることで、アレルギー症状から、、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという不定愁訴、そして、癌などが改善した、という方の話を伺います。その効果という見方ではないかもしませんが、私は環境汚染などの問題も含め、その解決の一旦として、この自然栽培の持つ不思議な力に期待しています。

「スマイルてえぶる」で扱う自然栽培の農作物のご紹介

自然栽培の米:

農薬も肥料も使わない自然栽培のお米を玄米で取り寄せ、店内で精米したものをお出しします。この自然栽培米は、秋田県八郎潟の自然栽培農家石山範夫さん作です。石山さんは、有機栽培~自然栽培の全収穫高の1/3を生産されている方です。そのお米を皆様に食べていただけます。

石山さんは、たくさんの仕事仲間に自然栽培を教え、また、忙繁期は、近所のお母さんたちにいつもより多少時給を高めに設定されて手伝っていただくなど、とっても面倒見の良い方なんです。

また、自然栽培の米農家さんとしても第一人者ということだけでなく、ご自身の圃場(田や畑)で使われる農機具などはなんでもご自身で開発されるという特技もお持ちで、たいへんお優しい方です。

石山さんといえば、阿部首相夫人が石山さんと対談したニュースが報道されていましたが、少し前に農業を始めたとか。そんな話題もありました。

自然栽培の野菜:

自然栽培大手流通業、ナチュラルハーモニーさんから、3年前より、お野菜などを卸取引していただいております。「スマイルてえぶる」では、ほとんどの野菜、飲料などをハーモニーさんからの商品で提供いたします。

ナチュラルハーモニーの代表取締役の河名秀郎さんは、八百屋さんから、スタートされ、自然栽培の農家さんである「高橋博さん」の率いる自然農法生産組合に研修に行かれ、直接ノウハウを学び、その後、リンゴの自然栽培農家の木村秋則氏との出会い、そしてともに「自然栽培」を広めようと活動されます。

その後、木村さんとは、違う道を進まれ、河名さん流の「自然栽培」の活動が開始されます。
いいものをできるだけたくさんの方に広げたい。
その想いで、企業としての存続もにないながらの活動です。

なかなか一般的でなかった「自然栽培」を木村さんとともに活動されていた頃より、全国に行かれて、直接農家さんとお話され、その良さを伝える。
そんな地味で時間がかかる方法で、河名さんは勧められます。

かつて「自然栽培」で関わっていた高橋博さんと再会したことより、高橋さんもそれに加わり、全国に飛び回ります。

その後、高橋博さんを会長とした「自然栽培全国普及会」を立ち上げられ、直接農家さんを育てる活動も始められ、そのメンバーが続々増えているそうです。

また、「自然栽培」を買っていただき、その恩恵を受けていただきたい一般の方向けのセミナーもされ、今では全国各地でおよびかかかるほどお忙しい毎日を過ごされています。

■株式会社ナチュラルハーモニー
〒158-0087 東京都世田谷区玉堤2-9-9
電話:03-3703-0091
代表取締役:河名秀郎
事業内容:
・無農薬農産物卸売り及び小売り(米穀・青果)
・自然食品(加工食品)小売り
・飲食店及び自然雑貨店経営
・ナチュラルライフスタイル型店鋪企画構成
(自然食品、雑貨店レストラン等のプロデュース)
・ナチュラル&ハーモニックスクール (医者にも薬にも頼らない生き方講座)

上へ戻る