カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

癒しのマスコット和っぴーにゃんこ

癒しのマスコット和っぴーにゃんこ

和っぴーにゃんこ

癒しのマスコット「和っぴーにゃんこ」のご紹介
「スマイルてえるぶる」では、マスコットキャラの「和っぴーにゃんこ」がいます。

まずは、本家の和ぴにゃんのご紹介です。

【私と和ぴにゃんとの出会い】

実は、このマスコットとの出会いは、9月下旬長野県伊那郡というところで行われたセミナーでのことでした。そして翌日、その販売があり、沢山の『和っぴーにゃんこ』と出会い、このマスコットの発案者の織部郁代さん、篠原忍さんにお話を伺うことができました。

織部さんからのメッセージです。

『この和っぴーにゃんこは、「和みの場」「繋がりの場」「みんなの笑顔」「ハッピー」を届けるために生まれました。
作り手さんは、一人暮らしで社会とのつながりを求める高齢者、生涯を持っているけれど自立を目指している方、心の病気をかかえているけどステップアップをしたい方たちです。
その方達が和ぴにゃんを手にする人の笑顔を想いながら心をこめて大切に作られた仲間たちです。売上の一部はお年寄りの社会活動や地域の支援活動に使われています。』

【和っぴーにゃんこが生まれたストーリー】

病気で入院し闘病生活を送っていた方がいました。
闘病生活は孤独で辛いものです。
そんな時にその方の友人が「和っぴーにゃんこ」をプレゼントしました。

それから毎日、その方はにゃんこを触り、時に「寂しいよ、痛いよ」と自分の辛い気持ちを打ち明けて、闘病生活をにゃんことともに戦いました。
序々に元気になって行きました。

そして。。。元気になったその方がにゃんこで遊ぶ様子を写真に収め
「にゃんこが闘病生活をさせたんだよ」と作り手さんに伝えました。
「ああ、私がつくったにゃんこがこんなに立派に。。」言葉にできない思いがわきあがり、涙を流していました。

この活動で、そんな輪を広げていきたいと思います。

【『スマイルてえぶる』での和っぴーにゃんこのコンセプト】

和っぴーにゃんこに出会い、私藤沼は、その活動に胸を打たれました。
そして、その想いを私のCafeでも是非伝えたい、と思いました。

そして、新たに「スマイルてえぶる」のお食事に来ていただいいたお客様に、
この和ぴにゃんで、ひと時癒しを提供し、日頃からのいろいろなストレスや悩みを解消でないか。
作り手さんが「和ぴにゃんを手にする人の笑顔を想いながら心をこめて大切に作る」想いがきっと伝わるのではないか。

『スマイルてえぶる』で提供するカラダにやさしい食材を使った食事は、ある意味カラダを癒してくれます。
ですから、和ぴにゃんに手伝ってもらい、心とカラダの両面から、皆様に癒しを提供したい、と思いました。

そして、早速和ぴにゃんの生みの親の織部さんに、ご相談したところ、
二つ返事で『スマイルてえぶる』のマスコットとして和ぴにゃんを使わせていただけることになりました。

そして、今「スマイルてえぶる」の『和ぴにゃん』オリジナルが完成いたしました。


白和っぴー

皆様、改めてご紹介いたします。

『スマイルてえぶる』のマスコットキャラ「和ぴにゃん」こと『和っぴーにゃんこ』です。
寂しがり屋の和ぴにゃんと是非遊んでいただけませんか?
癒しを必要としている貴方をお待ちしております。

【和っぴにゃんと遊ぼう!】

スマイルてえぶるでお食事をしてくださった方には、もれなくオリジナル和ぴにゃんと遊んでいただけます。
そのためのお約束です。
お好きな和ぴにゃん1匹を選んでいただき、ご自分で自由に和ぴにゃんの名前を付けてください。
ご用意しております用紙にその名前をご記入いただき、和ぴにゃんにつけてお帰りまでお楽しみください。
お帰りの際には、名札を外し、元のところに和ぴにゃんをお返しください。

寂しがりやの和ぴにゃんと是非遊んであげてくださいね。

※和ぴにゃんはその数に限りがあります。万一すべての和ぴにゃんが出払ってしまった場合は、順番に遊んでいただき、お待ちいただくくことがあるかもしれません。恐れ入りますが、その際はご了承いただけますようお願いいたします。

上へ戻る