暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5220お店の情報・アクセス

己の書を描いて~次々と喜びの声が。。

こんにちは。8月3日にすたーとした「己書おはぎ名人道場」

少しづつですが、お客様のご利用いただいております。

 

それぞれのお客様。とても印象的なのは、

毎回それぞれに、テーマがあること。

 

Kさんのそれです。

お地蔵様を描いているときは「神様に近くなる」その幸座の後、ご自分で地蔵を描きそれに逢う言葉を探して書いた作品がこれ

ええやん地蔵 己書おはぎ名人道場

そして、先日初めて水で薄めて色が出る筆ペンを使われたときは「水」

Kさん集中 己書おはぎ名人道場

 

写真のKさん、とっても集中してました。まるでどこかの芸術家が描いているみたいです。

 

Nさんは、

「(風を描いていて)風が右から左に吹きました」以下の写真がそれです。

風が吹きました 己書おはぎ名人道場

また、描いている様子を拝見、ご自分でどうやって文字を寄せて空間を空けずに描くのか、よくよく考えておられました。

これ初回なんです。

そして、それが「とても楽しい」と。

 

Tさんは、

体験会で「ありがとう」を描かれたとき

「楽し~い!」を連発

そして最後には、ご自身が参加されるイベントの題字として「己書」を使いたいと。

 

また、初回の幸座で、納得いかない文字を練習して、再度ハガキに描いたときに

「私はこうしたいらしい」⇒練習しても、やはり、はじめの文字になるから。

そうか。と思いました。

Tさん50音 己書おはぎ名人道場

 

この写真の50音のある文字が、Tさんが発見した。自分が描きたいような文字です。

己書の総師範杉浦先生がおっしゃるところの「己」の「書」とは、

こうも複雑で奥深い「自分」を発見するんだなあ。と

それぞれのお客様と共に、その新しい発見を素晴らしいと感じ、師範として携わらせていただけていることを本当にありがたく思いました。

 

また、お子様連れのKさん。

以前からお子様とご一緒に私の師匠 京井美根子先生の幸座にご参加でした。

私の幸座で、Kさんが描いているところに、すでに自分の書を描いたお子様が、遊びを求めて、

Kさんは描きながら相手をされていました。

キット毎日、このように対応されているんだなあと感じました。

 

KさんとNちゃん 己書おはぎ名人道場

 

とても自然に、自分の事をしながらお子様と一緒に遊ぶ。

はるか前に子育てを終えた私。

すっかりその頃のことも忘れてしまいましたが。

 

Kさんが嫌な顔一つせずに、対応している様子を見て、

お母さんはすごいなあ、と改めて感じました。

 

「己書」幸座を通して、お客様のそれぞれの顔を見せていただいております。

一緒に己書を取組む中で、人生経験もまた、いただいているような気がしていました。

感謝。。。

 

◇己書とは、己書おはぎ名人道場について

8月3日(土)オープン!「己書(おのれしょ)おはぎ名人道場」ご案内⇒http://smile-table.jp/?p=8259