暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5220お店の情報・アクセス

《新メニューも満載、新しい商品カタログのご紹介、および7月からの値上げのお知らせ》

本日7月1日より、新たに、商品を加えたカタログを公開致します。(HP参照)

新メニューは
マクロビケーキ(小豆餡入り)・マクロビケーキ(銀手亡餡入り)
ピンクペッパークッキー・塩きな粉ボール

の4種です。

また、7月より、菜種油を使うスイーツを値上げさせていただきます。この値上げは、4月から6月まで据え置かせていただきました。

今一度値上げに関する経緯をお伝えいたします。

今使っております「菜種油」は、無肥料栽培で「低温圧搾生絞り」と言う大変希少価値の高いモノなんです。

大田圭一郎さん 暮らし菓子工房スマイルてえぶる

生産者は、長野県小諸市の自然栽培農家大田圭一郎さん(写真)。「低温圧搾生絞り」とは、、焙煎も菜種の良い香りを保つために温度を低くし、「有機溶剤」等は使わず、おもりを使って重力の力で搾ります。その為、香り味共に今流通している菜種油の比でなく、さらっとして美味しい菜種油です。

 

もちろん遺伝子組み換え種子ではありません。ちなみに「菜種」は土壌内の放射能を吸い上げる力を持っているそうです。それは、花や種以外の部分で、大田さんは、それらの根、葉、茎等を処分する流通網もお持ちの上で栽培をされているそうです。

 

菜種の他お米も栽培されて、今年で就農3年目。先日田植えが終わった田んぼの今年収穫予定分はすでに予約でいっぱいとか。

 

大田さんの取り組みにはたくさんの支援の方がいらっしゃいます。そんな圭ちゃんの菜種油を是非皆様の健やかなからだ作りにお役に立てていただきたいと思い、使用させていただいております。

 

当初、大田さんの菜種油を使用する予定で、昨年の8月に発注したところ、搾油方法が大変珍しいために、搾る方が少なく、担当の方が入院され、その後も代わりの方がおらず、結局納品されたのが、今年3月下旬でした。

その間、代わりの油を使っておりましたが、圭ちゃんの菜種油に比べて質が異なっており、その分価格が安い設定でした。

その差額が大きかったため、当初1か月の予定で、価格の据え置き、値上げを予定、お客様にお伝えして参りましたが、なかなかその情報が浸透できず、結局6月迄の3か月間、据え置きさせていただきました。

今回の値上げに際しては、今まで以上に、美味しいスイーツづくりに精進致したいと思っております。

そのような理由から、7月より、正規の料金で、販売させていただきたく、皆様には、ご理解を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 

先日その「菜種油」を使用した「マクロビケーキ」を2種召し上がったお客様より、嬉しいご感想をいただきました。是非ご覧ください。

 

↓こちらから

「パウンドケーキご馳走様でした。とても美味しかったです。(*´Д`*)

パウンドケーキってパサパサしているイメージが強かったけれど、凄くしっとりしているのに重くなく、なめらかな口どけで飲み込むのが本当に惜しいです。

そして味はさることながら、材料にも本当によい物なので舌と身体が両方喜んでいるのがわかります。

沢山食べたくなるのは相変わらずですが、2袋で満足してしまうのも変わらずでした。(笑)

でもそれは身体がきちんと必要な量を判断できている事だと思います。

腹八分と言う言葉の本質は満腹の一歩手前ではなく「身体が満足している量以上食べない」ではないかと感じました。

農薬や添加物、遺伝子組換等により食物が本来持っている力が弱まってしまい身体への影響だけでなく、本来身体に必要な数値までの足し算が増えてしまうのも、食べ過ぎに繋がっているのかなと今回頂いて思いました。」

Kさん、有難うございました。