暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5220お店の情報・アクセス

種子法廃止って、なあに?!~初めて知ったこの事実!貴方はその時どうする!!

こんにちは。

本日は埼玉「ハナリー農園さん」の「関口鉄弥さん」よりお話しいただく「種のお話し会」を行いました。

この会は、関口さんより、種子法廃止に当たり、その後の行政が、市場が企業がどのように変わっていっているのかを、弁護士の山田正彦先生のお話し、と関口さんが調べていただいた事を踏まえ、一農家として、やさしいパパとして、つたえてくださいます。

 

タネがあぶない 暮らし菓子工房スマイルてえぶる

 

本日は、前回ご参加の方に加え、農家さん、小さなお子様を持つママさん、持続可能な農業を広めたいと活動している方、川口の盛人大学の農業塾のご出身の方、自然農を15年もの長い間広める活動をされている方、都内で塾の先生をやっておられ、子供達の為に農業体験をしようとされている方、地元のおろし業者の社長さん等、様々な立場の方がご参加いただきました。

 

関口さんのお話しが終わると、皆さまそれぞれの立場で、ご意見を頂きます。

「種子法が廃案になると、どうして自家採種が出来なくなるのか」「食品表示が無くなるというが、では詳細はどうやって調べたらよいのか」など

色々な視点から、疑問が山ほどわいてきます。

 

先日来、そのような質問、から始まり、では、私達はいったいどうやってこの危機を考え、行動したら良いのか。

その議論がなされました。

 

本日は、自然農を広める活動をしておられる方から「ミニ講座」として、今の農業の栽培法について、以外と知らない言葉の意味、そして、今後の農業への期待等お伝えいただき、これらについても、積極的な質問や議論がなされました。

関口さんは、毎回、ご自分でお調べになったことも、「必ず自分て調べてください」とみなさまに言われます。

本日は、そのお互いの知らないことを、埋めるような情報提供もありました。

 

このような草の根運動が大切。とご参加の方が言われます。

 

4月から市場に「米・麦・大豆の遺伝子組み換え種子が流入してきます」実質、それらの食品は、もう「国産」と言えども安心できなくなると言う事になるんです。

加えて「遺伝子組み換え食品不使用」と言う食品表示も無くなる可能性が高くなっています

消費者は、勢い、顔の見える生産者さんから購入することが、それを避ける方法になります。

 

そのような状況下で、いったい貴方はどうしたいですか?

 

来月もこの会は開催いたします。

是非貴方と共にこれについて一緒に考えてゆきたいんです。

ご参加お待ちいたしております。

 

「種のお話し会」についてのお問い合わせ、ご意見は以下より承っております。

「種のお話し会の問い合わせ」「意見」とご入力の上ご送信下さい。折り返しご連絡いたします。

E-mail;info@smile-table.jp