暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5520お店の情報・アクセス

家族の為に「ごろごろ石の庭で野菜作りをしたい」~岡本よりたかさんの無肥料栽培セミナー説明会ご参加の感想です!

先日の「岡本よりたかさんの無肥料栽培セミナー説明会」でお申込みいただきました、4歳の息子さんを持つHさんは、以前から当店のお客様で、「種の危機※」&「このセミナーについて」感心を持っていただき、「以前から当店のセミナ―の案内で、野菜作りに挑戦しようとしていたが、飽き性の自分でも、今度こそやってみたい」と思ってのお申込みとの事でした。

今回の個人指導を使い、ご自宅のごろごろな石がある庭でも是非野菜作りをしたいとの事。

更に、この状況を知らない方がいる事が本当に不思議だ、と言われていました。

 

母の想い 暮らし菓子工房スマイルてえぶる

まったく同感でした。また、実はそれについては、私がHさんに常づねお店や講座でお伝えし、Hさんがそのままご理解いただけていた事、母として、家族の食卓を守る立場として、この危機を憂いていること、を知り、そう思ってくださったことが嬉しかったです。

 

まだまだその事実を知らない方、もしかしたら、ご興味のない方も沢山おいでになるかもしれません。

 

しかし、来年4月1日からは、確実に市場に「遺伝子組み換え種子」が流入し、その結果、今自由に行われている「自家採種」が禁じられ、「遺伝子組み換えで無い種子」を使った野菜、米を販売することが出来なくなる、可能性が高くなっています。

 

Hさんは、飽き性なのに、野菜作りという面倒なことに挑戦されます。作ることは本当に時間がかかります。さらに農薬肥料を使わない無肥料栽培では、なおさらです。

 

しかし、Hさんのように、家族への想いが動機づけとなり、ご参加くださることになりました。

 

是非、小さなお子様、ご家族をお持ちのかた、自分自身の為、ご家族様の為、自分達で食べる野菜を自分で作る技術を取得しませんか?

 

このセミナーでは、それをお伝え致しております。

セミナーの詳細は以下をご覧ください!

《 参加者募集開始!11月スタート岡本よりたかさんの無肥料栽培セミナー、嬉しい「畑の個人指導付き」》

 

 

説明会を企画しております。まずは、セミナーの内容や詳細についてお伝えしております、この説明会にお出で下さい。

説明会の詳細は以下をご覧ください

説明会参加募集~安心安全な食料は自分でつくらなければ、と思っている方にお勧め「岡本よりたかさんの無肥料栽培セミナー」

 

お待ちいたしております。

 

※「種の危機」;

今年4月13日に「主要農作物(米・麦・大豆)種子法(以下種子法と略す)廃止法案」が可決されました。

「もともと種子法は国内での種の開発や、また農家さんが自家採種をする権利、販売する権利、等、種にまつわる、伝統的な伝承を守り、その種で生産物が円滑に生産される為に作られた法律で、国内で開発され、自家採種されてきた種を守るために、遺伝子組み換え種子の取り扱いを禁止、同じくそれらが海外から流入することを禁じる根拠法でした。」

しかし、今回、「市場を開いて民間の活力を向上させる」という目的の元に、廃止されることになり、その結果、海外から「遺伝子組み換え種子」を用いて、それに強い農薬の販売をするアメリカのバイオ企業の参入が確実となっています。

更に、バイオ企業の中で、モンサント社(現在はバイエルン社に吸収)は、三井化学と国内の試験農場で遺伝子組み換え種子を完成、いつでも販売する用意があると言われています。加えて、その種子の価格は市場の8から10倍ともいわれています。

遺伝子組み換え問題とは、それらを使ったときの健康被害。にもかかわらず、厚生労働省では、専門サイトを設け、「遺伝子組み換え食品は安全」とうたい、その内容は、ダウンロードできるように用意されています。

そのような現状の元、海外からの企業の参入の結果、今まで行われてきた「自家採種」が禁じられ、市場には「遺伝子組み換え種子」しかなくなり、スーパーで販売されている「米」「麦」「大豆」及び、それから作られた加工食品も「遺伝子組み換え食品」の健康への弊害を持つものばかりになる可能性が大になると言われています。

本記事における「種の危機」とはこれらの一連の「遺伝子組み換え種子」による、健康への弊害、その結果、次世代への食糧への悪影響を指して使用いたしております。