暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5520お店の情報・アクセス

2月20日(月)本日の日替わりランチ【幻の銀手亡豆入りジャガイモとキャベツのトマト煮込み】

こんにちは。

春いちばんが吹いた後、

近所の梅の木が花をつけていました。

もう春がそこまでやってきているようですね。

 

さて、本日の日替わりランチのご紹介です

 

当店では、皆様の健やかなからだ作りのお役に立ちたく

「食品添加物や遺伝子組み換え食品を極力避け、農薬・肥料を使わない自然栽培の野菜や米、醗酵調味料にこだわったお食事を提供」

いたしております

 

本日の2つの主菜はこちら

主菜A(肉類);「NEW!豚肉と里いもの醤(ひしお)炒め!

主菜B(大豆製品);「銀手亡豆とじゃがいも・キャベツのトマト煮!」

 

銀手亡豆とじゃがいものトマト煮 スマイルてえぶる

 

 

 

 

※こちらは、主菜Bの「銀手亡豆とじゃがいも・キャベツのトマト煮」です

 

主菜Bに入れた【銀手亡豆】は、白あんの材料として高級和菓子職人が求めるともいう、大変やさし味の大豆です。

しかも、この【銀手亡豆】の生産の大部分を担っていた北海道北見市で36年自然栽培の農家として野菜を作り続けている秋葉和弥さんのものが

近年絶滅したそうなんです。

 

当店で使います【銀手亡豆】は長野の無施肥無農薬農家の加茂好弥さん産で、加茂さんは、自家採種をして地元で作りつなげている伝統野菜にこだわって野菜作りをされています。

日本では、農家さんが高齢化して、負担の大きい自家採種をしなくなり、伝統野菜の種が急速に絶滅しています。

 

現在野菜作りで使われている【種】は、遺伝子組み換え種子(日本ではまだないと言われていますが)、1代限りと言われる交配種です。

交配種とは、異なる種を掛け合わせて作るもので、野菜の良い部分を合わせて新しい特徴を持つ為に作られています。

しかし、2代目には種の特徴はなくなり、農家さんは毎年【種(交配種)】を買って育てています。

 

そんな中、本日使います加茂好功さん作の【銀手亡豆】は大変希少価値がある『幻の大豆』ともいえると思います。

また、伝統野菜はとても美味しい特徴も持っています。

 

本日はそんな『銀手亡豆』を使った一品をご提供致します。

是非その味をお楽しみください。

 

 

 

 

当店の日替わりメニューのご案内です。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

日替わりランチ【主菜1点】 900円(税込み)

自然栽培米のご飯

川口の米味噌・麦味噌を使ったみそ汁

選べる日替わりメニュー(2種類のメイン料理 :A肉類 B:大豆製品)

無農薬・自然栽培の野菜を使ったミニサラダ+自家製ドレッシング

自然栽培米を当店で精米した糠を使った糠漬け

 

日替わりランチ【主菜2点】 1300(税込み)

2種類のメイン料理が食べれます。意外に食べれちゃう!

自然栽培米のご飯

川口の米味噌・麦味噌を使ったみそ汁

日替わりメニュー(2種類のメイン料理 :A肉類 B:大豆製品)

無農薬・自然栽培の野菜を使ったミニサラダ+自家製ドレッシング

自然栽培米を当店で精米した糠を使った糠漬け

 


 

<営業時間>

ランチ

・11:30-15:00(L.O.14:30)

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事は、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

ご利用の際は、端の方より詰めてご利用下さい。

 

<2月のお休み>1日(水)・2日(木)・8日(水)・9日(木)・13(月)臨時休業・15日(水)・16日(木)・22日(水)・23日(木)

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ

略図

スマイルてえぶる略図 スマイルてえぶる