カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

スープ対決「安心安全な鶏肉と春キャベツ入りポトフ」VS「ネパール・カレー(ベジタブル)」

こんにちは。

 

本日の「スマイルてえぶる」の日替わりランチはこちらです。

「食品は自然栽培や無農薬の米・野菜、天然醸造の味噌・醤油・酢・みりんを使用」

 

スープ対決「安心安全な鶏肉と春キャベツ入りポトフ」VS「ネパール・カレー(ベジタブル)」 スマイルてえぶる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は本日の主菜A,Bです。

 

A:安心安全な鶏肉と春キャベツ入りポトフ

※秋川牧園さんの鶏肉を名刀味噌本舗さんの「ひしおの糀」を使った醤

(ひしお)で漬けて味付け

※自然栽培の春キャベツ、無農薬新潟雪下人参、自然栽培北あかり使用

 

B:ネパール・カレー(ベジタブル)

※ネパリ・バザーロさんのマサラ使用 ※自然栽培の野菜使用

※イタリア有機O.CI.A認定有機栽培食品のホールトマ

ト(サンマルツァーノ種)使用

 

・自然栽培野菜のもりもりサラダ

※自家製甘酒や天然醸造の醤油、酢使用の自家製ドレッシング

 

・糠漬け  ※自然栽培米の糠使用

 

・自然栽培米のご飯or川口の麦味噌の焼きおにぎり

 

・マクロビクッキー

※卵・乳製品を使わずに作った「サクっ」とした食感

とやさしい味の仕上がりです。

 

Aの主菜「安心安全な鶏肉と春キャベツ入りポトフ」は

秋川牧園さんのこだわりの鶏肉を名刀味噌本舗の「ひしおの糀」で作った「醤(ひしお」に漬けました。

「醤」は「塩麹」と同じで、鶏肉の旨みをアップ、柔らかくしてくれます。

その旨みたっぷりのお醤油仕立てです。

 

春キャベツ他自然栽培・無農薬の野菜もたっぷり入っています。

 

Bの主菜「ネパール・カレー(ベジタブル)」は

フェアトレード団体のネパロバ・ザーロさん※が、ネパールの奥地で生産されていた無農薬のマサラ(スパイス)を

使います。このマサラを使う事で、生産に携わる御婦人たちの経済に貢献もできます。

 

また、7種入っているこのマサラは、代謝を更新してくれますが、

本来は辛みが無く、小さなお子様でも食べていただけるものなんです。

 

さらに、入っている調味料は、マサラのほかは、油のみで、

今回は米糠と胚芽からとれた貴重な「こめ油」を使いました。

 

「こめ油」には米ぬかに含まれる天然栄養成分がたっぷり活きています。

最大の特徴は、抗酸化作用のある成分を豊富に含んでいる点です。

 

抗酸化作用とは、

人間の身体を酸化させ、

動脈硬化などを引き起こし、生活習慣病や老化かを招くと言われる活性酸素を押さえることです。

 

さあ、あなただったらこの2品、どちらをお選びいただけますでしょうか。

どちらもこだわりの食品でつくった一品です。

カラダにやさしいお食事で午後はキットカラダが元気になりますよ。

皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

株式会社秋川牧園

~農家が自分で食べる最高の野菜やお肉を、直接届けてくれる“あなたの農園”です。~

_______________________

秋川牧園 サポートセンター

〒753-0303 山口県山口市仁保下郷317

地図⇒本社アクセスマップ

(お電話)FreeDial 0120-55-1379

9:00~17:00(日曜日を除く)

(メール)member@akikawabokuen.co.jp

メールからのお問い合せの場合、ご返信にしばらくお時間をいただくことがございます。

 

ネパリ・バザーロ ※同団体ブログ記事より引用

ネパリ・バザーロは、ネパールを対象国として、生産者の自立を願い活動しているフェアトレード団体です。特に、生産者と密接に協力しあいながら行うので、パートナーシップトレード・モデルと呼ばれています。東日本大震災発生後は、釜石の炊きだし、石巻への物資支援、東松島の宅老所再開応援、陸前高田市への健康福祉機材応援、仮設所のプランター(釜石、陸前高田)、そして、温泉ご招待企画を全国のボランティアの皆さんの協力を得て実施(石巻、東松島、陸前高田、福島南相馬)して来ました。陸前高田市では、椿の搾油施設を造り、植樹をしながら復興開発支援を進めています。

同社代表でフェアトレードの先駆者・土屋春代さんは、そんなネパールに入り込み、生産者に直接会いに行き、大変なご苦労をされて、現地のものを輸入。そして、日本で詰め合わせて販売にこぎつけたそうです。

ネパリ・バザーロさんの活動の詳細 →ヨコハマ経済新聞 2010、02.11付け 大量消費の時代から、こだわりの消費へフェア・トレードで国際協力「ネパリ・バザーロ」

 

 


 

 

<営業時間>

モーニング
・お休みさせていただいております

ランチ
・11:30-15:00(L.O.14:30)

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事は、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

※4月より、1階の「Fresh juice bar」さんが土曜、日曜日に営業を始められるため

1階の使用は平日のみになります。宜しくお願いたします。

 

<4月のお休み>

4月1日(水)・2日(木)・8日(水)・9日(木)・15(水)・16日(木)・19日(日):18日夜の貸切営業のため臨時休業・22日(水)・23日(木)・29日(水)・30日(木)

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ
略図

スマイルてえぶる略図2