カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

明日3月29日の日替わりランチは「ネパールカレー」です

こんばんわ。

明日の「スマイルてえぶる」の日替わりランチは、本格ネパールカレーです。

 

ネパールマサラベジカレー スマイルてえぶる

※これは以前提供した時の写真です。

 

 

「スマイルてえぶる」では、オープン以来、

このカレーをご提供いたしております。

 

このカレ―は、ネパールの奥地で無農薬栽培をされていたそうですが、

首都圏よりも離れていることより、

地方で埋もれていたところを、日本のフェアトレード団体:ネパリ・バザールさん※がご支援され、

日本で商品化されたものです。

 

このカレ-は7種のマサラ(スパイス)を使い、

その他は、油が入るだけで、後は野菜等の具材を使います。

ですから、油の質をよい物を選べば、添加物や遺伝子組み換えさえも心配しないで食べれるカレ-がつくれます。

 

おそらく、市販のルーに比べて、油他の添加物も入っていないため、

エネルギーも少なくなっていると思います。

 

さらに、「スマイルてえぶる」では、野菜も自然栽培や無農薬のものを使います。

ですので、安心安全な、そして、マサラの効果で、代謝が亢進。

以前当店でこれを召し上がったお客様が30分もしないうちに

カラダがほてってきた、と言われた方がいました。

 

そうでなくても、

本来スパイスはカラダに良い刺激を与えてくれます。

 

また、マサラの内「チリ」と呼ばれる辛みスパイスを入れないと、

大変スパイシーにもかかわらず、1歳のお子様でも食べれます。

スパイス=辛み ではない、と言う事を食べたお子様より教わりました。

 

明日のランチはこの【ベジタブル】をご提供致します。

是非、一度その味をご賞味ください。

皆さまのおこしをお待ちいたしております。

 

ネパリ・バザーロ ※同団体ブログ記事より引用

ネパリ・バザーロは、ネパールを対象国として、生産者の自立を願い活動しているフェアトレード団体です。特に、生産者と密接に協力しあいながら行うので、パートナーシップトレード・モデルと呼ばれています。東日本大震災発生後は、釜石の炊きだし、石巻への物資支援、東松島の宅老所再開応援、陸前高田市への健康福祉機材応援、仮設所のプランター(釜石、陸前高田)、そして、温泉ご招待企画を全国のボランティアの皆さんの協力を得て実施(石巻、東松島、陸前高田、福島南相馬)して来ました。陸前高田市では、椿の搾油施設を造り、植樹をしながら復興開発支援を進めています。

同社代表でフェアトレードの先駆者・土屋春代さんは、そんなネパールに入り込み、生産者に直接会いに行き、大変なご苦労をされて、現地のものを輸入。そして、日本で詰め合わせて販売にこぎつけたそうです。

ネパリ・バザーロさんの活動の詳細 →ヨコハマ経済新聞 2010、02.11付け 大量消費の時代から、こだわりの消費へフェア・トレードで国際協力「ネパリ・バザーロ」

 


 

 

<営業時間>

モーニング
・お休みさせていただいております

ランチ
・11:30-15:00(L.O.14:30)

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事は、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

※4月より、1階の「Fresh juice bar」さんが土曜、日曜日に営業を始められるため

1階の使用は平日のみになります。宜しくお願いたします。

 

<4月のお休み>

4月1日(水)・2日(木)・8日(水)・9日(木)・15(水)・16日(木)・22日(水)・23日(木)・29日(水)・30日(木)

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ
略図

スマイルてえぶる略図2