暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5520お店の情報・アクセス

誰の為の安心・安全?!

こんばんわ。

本日はここ川口では、日差しが眩しかったです。

明日は気温も上昇するとか。いよいよ春がやってくる感じのようです。

 

石山範夫さんの田んぼ 雑草とり スマイルてえぶる

※こちらは、「スマイルてえぶる」でお出ししている自然栽培のお米の農家さん

秋田八郎潟の石山範夫さんの田んぼで、人力で雑草をとっている様子です。

毎年その時期になると、近所の奥様達にアルバイトをして、草取りをお願しているそうです。

 

 

さて、話はぐっと代わって。。

先日知り合いに以下のデータを教えていただきました。

 

「確報(統計表一覧)

生鮮食料品価格・販売動向調査報告

「全国の主要都市平均の国産標準品、有機栽培品、特別栽培品及び

輸入品の品目別価格、販売数量、店舗数」

URLはこちらです:http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/seisen_doukou/index.html

農林水産省のサイトです。

生鮮食料品価格・販売動向調査報告では、

食品ごとに動きが見てとれます。

 

その中で注目したいのは

有機栽培品、特別栽培品です。

 

おおよそ、上昇とはいえない数値です。

リーマンショックで落ち込んで、さらに原発事故で、拍車がかかっているようです。

 

価格が下がらないのもよくわかる感じですね。

 

毎日のお食事について、何をどこから買ってくるのか

その食品はどこ産で、農薬は、肥料は、そもそもいつ採れたものがお店に並んでいるのか。

そんな事を考えたこと、ありますか。

 

農薬がかかっている米、野菜等がスーパー等で販売されているのは、皆さま良くご存じですよね。

 

では、どのくらい農薬が使われているのか、

聞いたことありますか。

 

この基準は、慣行栽培基準といって

地方公共団体がそれぞれの地域でそれぞれの食品に農薬の回数を決めています。

例えば

「北海道のさやあかね(じゃがいも)」⇒11回

「茨城の人参」⇒12回

「愛媛の伊予柑」⇒18回

「熊本の生姜」⇒32回

「鹿児島のピーマン」⇒34回

「茨城のほうれん草」⇒8回

まだまだです。

 

そして、農家さんがJA全農さんに納品するときは、上記の回数をちゃんと使っているかをチェックして

納品するそうです。

 

驚き(@_@)なんです。。。。

 

私のお客様Aさんは、ご実家が農家さんで、やはり生活の為に農薬を使ったお野菜を出荷しているそうです。

Aさんは、野菜で生計を立てているご両親のカラダを気遣う想いもあり、できれば農薬を使ってほしくない。

だからと言って、やめるには、まだまだ、日本の市場で商売をしてゆくには、ハードルが高い。

 

Aさんのような方は多いようです。

深刻な悩みです。

 

単純に、カラダに良い食品を多くの方が購入し、

そうでないものの購入を控えるようになれば、

Aさんのご両親も無農薬栽培を始められるのかもしれません。

 

大事な事は、貴方が何を選ぶか、と言うことなんです。

 

 


<営業時間>

モーニング
・お休みさせていただいております

ランチ
・11:30-15:00(L.O.14:30)

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事は、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

※4月より、1階の「Fresh juice bar」さんが土曜、日曜日に営業を始められるため

1階の使用は平日のみになります。宜しくお願いたします。

 

<4月のお休み>

4月1日(水)・2日(木)・8日(水)・9日(木)・15(水)・16日(木)・22日(水)・23日(木)・29日(水)・30日(木)

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ
略図

スマイルてえぶる略図2