暮らし菓子工房

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-3階 050-3561-5520お店の情報・アクセス

天然醸造を楽しむ~3種の味噌はそれぞれの旨みが違うんです

こんばんわ。

ここ川口では、このところ温かかったんですが、

本日は夕方から急に気温も低くなってきました。

 

さて、本日は「スマイルてえぶる」で扱います、

3つの味噌、その旨みについて書いてみます。

 

3つの味噌とはこちらです。

■川口御成道みそ

■川口麦味噌

■佐渡塚本こうじ屋さんの、うす青大豆の米味噌~然(ぜん)~

 

まずは、

【川口御成道みそ】

御成道味噌 スマイルてえぶる

 

 

こちらの原材料、

大豆は北海道産のトヨムスメ。塩は赤穂の天塩(あましお)。

国産にこだわっています。

そして特徴的なのは、

製造過程。

大豆をゆでずに蒸しています。

ゆでることで失われる水溶性の栄養成分を閉じ込めるためにあえて「蒸し」に。

 

この味噌を作った「社会福祉法人ごきげんらいぶ」さんでは、川口の麦みその製造も担当され、

味噌の事を考慮した環境で本格醸造、1年長期熟成させています。

 

もともとらいぶさんでは、手前味噌、として自家製の米味噌を作っておられた経緯があり、

この「蒸す」事にこだわって今回の味噌作りをされたそうです。

 

ただ、大豆を蒸して味噌を作るとどうしても色が褐色に変化するために、

一般消費者さん向けには、あまり好まれないようです。

 

しかしです。

 

昨年10月1日に売り出されたこの味噌。

試食した時に感じた

「この味、侮れない!」

玄米味噌のような旨みと味を持っていました。

 

その理由がこの【蒸し】にあったんです。

 

社会福祉法人ごきげんらいぶ
アピールポイント
設立当初の障害者の総合施設をつくる会は、障害のある人たちが「元気に生き、

働き、暮す場を保障する」ことを運動理念として活動してきました。その第一歩が今般の施設整備事業です。この働く場では、所得の保障を図り、次いで暮らしの場(グループホーム、ケアホーム)を建設してまいりたいと考えています。

住所:〒333-0833

埼玉県川口市大字西新井宿字北田1159番1

電話:048-290-3000
連絡可能時間、曜日:7時00分~17時00分 月~金曜日

 

次に

【川口の麦味噌】

川口の麦味噌 スマイルてえぶる

 

原材料は麦(国産)、大豆(県産)、食塩。

麦味噌とは上記のように麦と大豆を使って作ります。

麦を醸造すると、旨みが出てきます。

食べてみると丁度出しが入った味噌を食べている感じ。

みそ汁にすると、出しを入れなくても美味しくいただけます。

 

もともと麦味噌は九州、四国地域の産物として有名ですが、

その味は、どちらかと言うと甘みが強く、

私たち関東圏の人間には、そのお味噌汁等は

どうしても口に合いません。

 

同じ埼玉県内でも

麦味噌はつくられており、

やはり、塩分量が九州地方のそれとは異なっています。

もしかすると麦の割合も違っているようにも思っております。

 

つまり、川口の麦味噌は、原材料の麦が入っていることで独特の旨みを持っています。

この味噌も「御成道みそ」同様、社会福祉法人ごきげんらいぶさんで、製造されています。

 

最後に

【佐渡塚本こうじ屋さんのうす青大豆で作られた米味噌~然(ぜん)~】

塚本こうじ屋味噌 スマイルてえぶる

この味噌の原材料の大豆は、「うす青大豆」です。

青大豆とは、普通の大豆よりも、20%も旨みがあります。

その大豆で作った味噌なので、これもまた、独特の旨みを持っています。

塚本こうじ屋さん、「然」について詳しくはこちらから
佐渡島の大自然に生きる微生物で作った極上味噌「塚本こうじ屋~然(ぜん)」のご紹介

 

3種の味噌の【旨み】

それぞれその元になる理由

「蒸し」「小麦」「うす青大豆」と異なりますが、

それらによって、3種類の旨みのことなる味噌ができています。

 

本当に醸造物って神秘的です。

おそらくこの3つの要素で旨みがアップすると言う事は

先人たちは経験則で知っていて、美味しい味噌作りに

とりいれておられたのだと推測します。

 

しかし、現代の私たちは、

是非、それらの理由をしっかりと理解して、

ご自分のごひいきの味噌を選んでいただきたいです。

 

スーパーで並んでいる味噌の中には、

まだまだ、添加物だらけで作られている安価な物があります。

それらを食べ続けることで、味覚がおかしくなり、

本来の味を感じられなくなってくると言われています。

 

特に子育てママさんには

お子様の味覚形成については、

責任があります。

 

普段から、本物の味に触れ、経験させてあげること、

是非心かげていただきたい。

それが、お子様の健やかな成長、私たち自身の健康にもキット役立ちます。

 

今の日本の食品は、カラダに悪い影響を及ぼすものが本当にたくさん手軽に手に入ります。

その点に私は危機感を持っております。

 

ですから、何をどう選ぶのか、

それが重要だと私は思っております。

 

塚本こうじ屋
塚本こうじ屋   十一代目 塚本健二
住所:〒952-0014 新潟県佐渡市両津湊303
TEL:0259-27-2769
FAX:0259-23-2199
Eメール:tsukamoto@misokouji.com
営業時間:8:30~18:30
アクセスマップ
塚本こうじ屋地図 スマイルてえぶる

 


 

<営業時間>

モーニング
・お休みさせていただいております

ランチ
・11:30-15:00(L.O.14:30)

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事は、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

 

<3月のお休み>

3月4日(水)・5日(木)・11日(水)・12日(木)・18(水)・19日(木)・25日(水)・26日(木)

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ
略図

スマイルてえぶる略図2