カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

自然栽培の銀手亡(インゲン豆の1種)のどら焼きいかが

こんばんわ。

本日は日中風が無かったせいでしょうか。

川口は比較的温かでした。

 

さて、本日新しい手作りスイーツが誕生しました。

 

抹茶どら焼き~銀手亡餡

 

 

長野の自然栽培農家さんのとぅりまかし加茂功好さん産の「銀手亡餡入りの抹茶どら焼き」です。

このどら焼きは、本日よりご提供致しましたが、

早速本日ご来店いただいたお客様が、興味深そうに召し上がっていただきました。

 

銀手亡については、このブログでも度々登場している

高級和菓子の白あんとして使われているインゲン豆。

今までは、それをお料理に使っていました。

 

そこで本来の使い方をと思い、どら焼き風に挟んで、自然栽培の伊予柑を添えてみました。

いつも2種類の手作りスイーツと無農薬のお飲み物でお出ししているスイーツセットとしては、

上記の写真のように自然栽培の緑茶とセットではいかがでしょうか。

 

抹茶どら焼きの生地もカラダにやさしい食品を使いました。

甘みは自家製甘酒、そして和風の味を出すためには、酒蔵の杉井酒造さん※がつくった純米本みりん「飛鳥山」を使いました。

小麦粉はもちろん国産、北上粉です。ベーキングパウダーはアルミフリ―のものを使っています。

若干甘みが足りないくらいですが、みりんのこくも合わさって何とも言えない美味しさのどら焼きが出来上がりました。

 

おそらくこの食品でのとり合わせは、他では、いただけない希少価値と自負致しております。

和風のスイーツセット登場です。

是非、貴方もその味をお試しください。

キットカラダが喜んでくれますよ。

 

 

「スマイルてえぶる」では、

小さなお子様づれにやさしいあれこれもご用意いたしております。
子連れママにやさしいあれこれ
みなさまのお越しをお待ちいたしております。

 

日頃なかなか小さなお子様を連れて外食ができない。というお困りのママさん。
是非「スマイルてえぶる」でお待ちいたしております。
もちろんお食事はランチ、ティータイムともに、食品添加物や遺伝子組み合え食品を避け、自然栽培の農作物や天然醸造の発酵調味料を使ったカラダにやさしいお食事をおだしいたしております。

 

また、店舗の1階はベビーカーや自転車を置いていただける場所もあります。

 

<2月のお休み>

2月4日(水)・5日(木)・11日(水)・12日(木)・17日(火:臨時休業)・18日(水)・25日(水)・26日(木)

皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図→Googleマップ
略図

スマイルてえぶる略図2

 

杉井酒造

創業/天保13年(1842年) 代表/杉井均乃介
所在地/静岡県藤枝市小石川町4丁目6-4
TEL/054-641-0606  FAX/054-644-2447
Eメール/wbs47338@mail.wbs.ne.jp

純米本みりん「飛鳥山」 同社HPより

 「飛鳥山」は静岡県で生産されている唯一の本みりんです。大正年間に焼津港周辺の水産練り物の原料としての需要に応えるため製造を始めました。「飛鳥山」の名前の由来は、東京都北区にある江戸時代からの桜の名所で、すぐ近くには日本の醸造研究の元ともなる滝野川醸造試験所があり、杉井酒造の五代目がこの試験所で研修した折りにその名にあやかって味淋の銘柄として命名しました。
純米本みりん飛鳥山


「純米本味醂飛鳥山」は、江戸時代にほぼ確立したみりん本来の製法に従い復刻製造した高級みりんです。
原料には粳米で造った麹ともち米、それに米や麦等から造った本格焼酎を用い、普通のみりんで使用される水飴等の醸造用糖類等は一切使っておりません。

また、麹・もち米ともに80%とみりんとしては精米歩合を高くする事によって、きめの細かい上品な味わいを実現しました。さらに搾ったままの状態で活性炭素濾過や火入れを行っておりませんので自然で奥深い甘みを持ち、麹に由来する栄養素も豊富で調味料としてはもちろん、デザート酒として幅広くお楽しみいただけます。