カラダにやさしい食品にこだわるCafe

Smile Table スマイルてえぶる 〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11-2階 048-235-5220お店の情報・アクセス

『本物の甘酒の達人になろう~作り方と効用』川口街ゼミ講座でわきあいあい

こんばんわ。

本日は、川口街ゼミ講座『本物の甘酒の達人になろう~作り方と効用』を行いました。

この講座。街ゼミの期待の表れなんだと思うのですが、お申込み開始当日に定員の倍の方よりお申込みいただき

急きょ他2日別日程をもうけましたが、そちらもあっという間に定員になってしまうという現象で、主催者が一番驚いておりました。

 

そんな中、本日初日を開催し、11名の方がいらっしゃいました。

まずは記念撮影より

「本物の甘酒の達人になろう」記念撮影

写真撮影:小薗井聡氏

 

みなさんの笑顔が素敵!やや真ん中で大(笑)しているのが私です。

テーブルには、「スマイルてえぶる」のマスコット『和っぴーにゃんこ』と『紅茶甘酒』がのっています。

 

講座は、作り方とともに、甘酒の効用や醸造過程について、お伝えしました。

本日ご参加の皆さまは、目的意識の高い方ばかりで、集中して話を聞いて下さいました。

ですので、後半醸造の仕組みを元にした、質問などにも、きちんと答えていただきました。

 

また、こたつで甘酒を作って良く飲んでいた、という御婦人から、作り方等も伺いました。

かつて、発酵調味料も各ご家庭で作っていた時代がありました。

 

本日の講座では、「スマイルてえぶる」のこだわりについてもお話させていただきました。

「スマイルてえぶる」で作る自家製の甘酒は、マルカワみそ㈱さん※の蔵付き菌の生の麹を使っています。

麹が生ですから、扱いは微生物に合わせる必要があります。

 

野菜も四季があるはずですが、今はどの季節でも手に入るようにもなっています。

しかし、本来、地場産の物は、季節ごとに扱う物が変わってゆきます。

今の時期にきゅうりやトマトがほしいと言っても本来はオンシーズンではないはずです。

それを、欲しがるのではなく、自然の流れに、私たち人間が合わせてゆく。

そんな努力が、自然にやさしく、私たち自身にも優しくなるのではないでしょうか。

 

本日は、そんな事にも触れさせていただきました。

本日ご利用いただきました皆さまに感謝申し上げます。

 

 

<営業時間>

モーニング
・お休みいただいております
ランチ
・11:30-14:00(L.O.13:30)
ティータイム
・15:00-17:00(L.O.16:30)

 

 

<施設住所・TEL>

〒332-0012 埼玉県川口市本町4-9-11 2階 Tel. 048-235-5220

京浜東北線川口駅から徒歩約6分
地図⇒Google マップ

略図⇒

スマイルてえぶる略図2

マルカワみそ㈱
〒915-0006 福井県越前市杉崎町11-44
TEL 0778-27-2111
FAX 0778-27-2877
メール info@marukawamiso.com